アミノ酸シャンプーをドラッグストアなど市販で買う時のコツと注意点は?

巷で人気のアミノ酸シャンプーですが、皆さんはどのように選ばれていますか?

 

サロンなどでは髪や地肌に優しい事からアミノ酸シャンプーを使っているところが多いです。

 

安心感はあるけどサロンで購入すると高い…というイメージがあるようです。

 

ならば市販されているアミノ酸シャンプーを手頃な価格で購入したい!数あるアミノ酸シャンプーですが、成分などの見方をお教えします。

 

■アミノ酸シャンプーをドラッグストアで見つけてみよう■

アミノ酸シャンプーをドラッグストアなど市販で買う時のコツと注意点は?

 

ドラッグストアの店舗によってはアミノ酸シャンプー独自のコーナーを設けているところも現在はあります。

 

それだけ人気がありポピュラーになりました。しかし気を付けなければいけないのは、各店舗独自の判断でアミノ酸シャンプーとカテゴライズされている事があります。

 

そして、アミノ酸シャンプーとひとくちにに言っても、あまり好ましくない成分が入っている場合もあるので、ご自分で見分けられるようになるのが好ましいでしょう。

 

アミノ酸シャンプーの特徴とは、洗浄成分である界面活性剤がアミノ酸系で構成されています。

 

シャンプーの成分が裏面に表記されているので、見つけ方をお教えします。

 

まず、成分表の先頭に書かれているのが水です。その後は、含有量の多い順に表記されていくので、水の次、または複数個なら上位にアミノ酸系界面活性剤の名称があるものが好ましいというわけです。

 

全て覚えるのは大変なので、ココイル?、ラウロイル?、コカミド?から始まるものがアミノ酸系と覚えましょう。

 

シャンプーによっては複数個のアミノ酸系界面活性剤を使っています。上位に表記され、なおかつ数が多いほど良いでしょう。

 

■アミノ酸シャンプーを選ぶ際気を付けたい事■

 

先程あげた3つのアミノ酸系界面活性剤以外に、よく使われている安価な界面活性剤があります。

 

ラウレス硫酸?やラウリル硫酸?などがあります。それらはアミノ酸系シャンプーに含まれる事はほぼないですが、ごくまれに見つける事があります。

 

アミノ酸系シャンプー以外のたくさん流通している市販のシャンプーはほぼその界面活性剤が使われています。

 

人体に有害というほど危険なものではもちろんありませんが、シャンプーの洗浄成分が強いため、敏感肌の方には強い刺激となりトラブルが出やすいです。

 

アミノ酸系シャンプーを選ぶという事は、何らかの悩みがあって選ばれると思うので、市販品でも上手に選んでくださいね。