アミノ酸シャンプーの見分け方は?間違いないシャンプーの選び方のコツ

皆さんは毎日シャンプーをすると思いますが、その成分を気にする方も増えているようです。

 

地肌に優しい洗い上がりのアミノ酸系シャンプーが人気となり、一気に一般に浸透しました。

 

種類も豊富になり、ドラッグストアでも気軽に手に入れることができるようになったアミノ酸系シャンプー。

 

しかし気を付けたいのが含有成分です。場合によってはアミノ酸系ではなかったり、肝心のアミノ酸の含有量が非常に少ない場合もあります。

 

売り場で1つ1つにシャンプーの解説が表示されていれば良いですが、なかなか見かけません。

 

自分で選ぶ時、どんな事に気を付けたら良いのかをお教えします。

 

■アミノ酸シャンプーとは?見分ける方法■

アミノ酸シャンプーの見分け方は?間違いないシャンプーの選び方のコツ

 

まず、シャンプーとは地肌と髪の汚れを落とすものですが、その洗浄成分として使用されるものを「界面活性剤」と言います。

 

界面活性剤とは水と油を混ぜ合わせる働きを持ち、髪を洗う時、水だけで洗い流せない皮脂(油)を洗い流すため、シャンプー剤に含まれています。

 

アミノ酸シャンプーとは、その界面活性剤である洗浄成分がアミノ酸を原料として作られているシャンプーです。

 

シャンプーを購入したすると、裏面には成分表記が必ずあります。そこをチェックしてみましょう。

 

通常、シャンプーは化粧品として売られていて、成分濃度が濃い順に表記されます。

 

ただし、少数ですが医薬部外品の分類であるシャンプーの場合は成分が濃い順でない場合もあるので注意してください。

 

化粧品分類のシャンプー剤は濃い順に表記されますが、通常、水が1番先に表記されています。シャンプーの大半は水で構成されているのが普通です。

 

そして水の次に表示されるのが界面活性剤であることが一般的です。使用されている界面活性剤は数種類表記されていますが、水の次に表記されているものをよく見てください。

 

アミノ酸系シャンプーによく使われている界面活性剤は、「ココイル◯◯」「ラウロイル◯◯」「コカミド◯◯」というものが大半です。

 

この3つの成分を覚えておけば簡単にアミノ酸シャンプーを見つけることができます。

 

■アミノ酸シャンプーを選ぶ時の注意点■

 

髪や頭皮に優しいアミノ酸シャンプーですが、よく問題とされる泡立ちを良くするために洗浄力が強く、髪や肌に刺激をもたらす可能性のあるものが含まれている場合があります。

 

その成分とは、「ラウリル◯◯」や「ラウレス◯◯」です。

 

せっかくアミノ酸シャンプーを選んだつもりでもそれらの成分が入っていると肌に優しいと言い切れなくなります。

 

シャンプーを選ぶ時のOKワード、NGワードをしっかりインプットしてお気に入りのアミノ酸シャンプーを選びましょう。