アンククロスシャンプーの成分と効果を解析してみました

アンククロスシャンプーの成分と効果を解析してみました

アンククロスシャンプーが気になってる人も多いことでしょう。最近、人気を集めているのでね。

 

その成分ともたらしてくれる効果について解析してみました。

 

 

 

 

 

☆アンククロスシャンプーの成分

 

 

 

アンククロスシャンプーに配合されている成分を見てみましょう。

 

 

 

まずはシャンプーの基本であるともいえる洗浄成分です。

 

 

 

・ラウロイルメチルアラニンNa

 

・オレフィン(C−14−16)スルホン酸Na

 

・ラウラミドプロピルベタイン

 

・ラウロアンホ酢酸Na

 

 

 

これらが洗浄成分として配合されているのですが、全体的にはアミノ酸系の洗浄成分なんです。

 

頭皮と髪に優しいといわれているアミノ酸系ですね。

 

ところが、オレフィン(C−14−16)スルホン酸Naというのは、実はアルコール系の洗浄力と似ているやや強めの成分なので、敏感肌の人は注意が必要かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

☆アンククロスシャンプーの補修成分とその効果

 

 

 

洗浄成分はどのシャンプーにも配合されているものであり、シャンプーごとに違いはありますが、汚れを洗い流すという点では同じです。

 

 

 

アンククロスシャンプーの人気の理由には、その補修成分が優れているから、その効果にひかれて買うという人も多いからなんですよね。

 

 

 

補修成分にはどんなものが配合されているでしょうか。

 

 

 

まずはラウロイルグルタミン酸ジというもので、疑似セラミドと呼ばれているものです。

 

この疑似セラミドがキューティクルを整えてくれる働きがあります。

 

 

 

ご存知のようにキューティクルがはがれると髪が傷んでパサついたり切れげ、枝毛になりますね。その傷みを補修してくれるのがこの成分なのです。

 

 

 

 

 

さらに保湿成分としてリピジュアとペリセアという成分が配合されています。

 

リピジュアの保水力はヒアルロン酸の2倍です。それだけ保湿効果も高いということですね。

 

そしてキューティクルの補修にも効果が期待されています。

 

 

 

そしてペリセアは傷んだ髪を短期間で補修する働きがあります。

 

毎日の使用によって髪の修復がされ、改善されていくことが期待されています。

 

 

 

 

 

ところで、アンククロスシャンプーはノンシリコンシャンプーです。

 

シリコンはご存知の通り、キューティクルをはがしたり、毛穴をふせぐなどの悪影響があり、それによって頭皮や髪の健康を損なうことがあるんです。

 

 

 

それで最近ではノンシリコンシャンプーが増えているのですが、アンククロスシャンプーも

 

ノンシリコンシャンプーであり、そうすることで、シャンプーの有効成分を頭皮にしっかりと浸透させることができるのです。

 

 

 

 

 

洗浄力がやや強めかなという点は気になりますが、髪の補修成分として配合されている成分たちもなかなかよく、何よりその効果が良いので、アンククロスシャンプーの人気が途絶えないのだと思います。

 

 

 

傷んだ髪に悩んでいたら一度お試しを。

 

公式サイトはこちら!

アンククロスシャンプー

http://ankhcross-shop.com/